企業情報

CSR情報

企業の社会的責任

TSRソリューションズは、高い企業倫理に基づいた、誠実で公正な企業活動を実践し、
より良い社会のために貢献いたします。


コンプライアンス規範

1.高品質サービスの創造

当社は、お客様の満足・信頼・安心のため、優れた技術で高品質なサービス提供に邁進いたします。
また、継続的な企業価値を築き上げ、魅力ある企業を創造します。

2. 公正・透明な取引

当社は、すべての取引先様と公正・透明・対等な取引をお約束いたします。
競合企業様とも積極的かつ公正な市場競争を行って参ります。

3.権利や財産の尊重

当社は、社員お互いの人格・価値観を尊重します。
健全な職場環境の維持、他人の権利・財産の尊重とともに、当社の権利・財産の保護に努めます。

4.コーポレートガバナンスの推進

当社は、社会から疑惑や不信を招くことがないよう、ステークホルダーと透明度の高い、
健全かつ正常な関係を確立いたします。その上で、適宜・適切・積極的に情報を開示します。

5.社会貢献や環境への配慮

当社は、社会の発展とともにあることを認識し、社会貢献や環境に配慮した活動に励みます。
そして社会とともに発展することを目指します。


遵守事項

1.高品質企業の創造

継続的な企業価値を築き上げるべく、魅力ある企業を創造します。高い倫理観と責任感をもち、
誠実に職務を遂行します。

2.公正・透明な取引

取引先様の立場に立って、全ての取引先様と公正・透明・対等な取引をお約束いたします。
取引先様には当社の正しい情報を提供し、満足度の高いサービスをお届けいたします。
協力会社様とは、公正・対等な取引関係を築き、お互いの発展のために事業を行います。
競業企業様との競争に関しては、公正な市場競争に努めます。

3.権利や財産の尊重

健全な職場環境の維持に関わる社内規程を遵守し、風通しのよい職場を維持します。人権を尊重し、
性別・年齢・出身地・国籍・人種・民族・信条・宗教・疾病・障害等による差別をしません。
知的財産権を含め他人の権利・財産を尊重し、当社の権利・財産の保護にも努めます。
個人情報・機密情報管理の重要性を認識し、適切な管理のもと、
正当な業務活動以外の場で情報を社外に持ち出しません。

4.コーポレートガバナンスの推進

取引先・協力会社・公務員等に対し、常識の範疇を超えた接待・贈答をしたり、受けたりはしません。
また会社の立場と、私的な個人の立場を峻別し、職場内に私的な問題・利害関係を持ち込んだり、
職場外に会社に関連する事項を持ち出しません。
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体とは、一切の関連を持ちません。
会社経営状況・企業活動全般については、適宜・適切・積極的に情報を開示いたします。
法令・社内規程に基づき、適正な会計処理を行い、有効な内部統制を築き上げます。
正確な税務申告を行い、適切な広報活動により、会社について正しい評価と理解を得るよう努めます。

5.社会貢献や環境への配慮

社会をより良くするべく、私たちは一人ひとりが社会貢献について考え、社会貢献に努めます。
また、環境に配慮した活動環境法令を遵守し、環境にやさしい事業活動に取り組みます。


地球環境のために

25

私たちは事業活動を通じて、環境問題と向き合っています。
「チャレンジ25」未来が変わる。日本が変わる25。

2005年2月16日に「京都議定書」が発効し、日本は2008~2012年の間にCO2などの温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられました。

このような中、2009年9月のニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、我が国の目標として温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することが表明されました。

そこで政府は、地球と日本の環境を守り、未来の子どもたちに引き継ぐべく、 「チャレンジ25」という地球温暖化防止対策を推進。温暖化防止のための
国民的運動を「チャレンジ25キャンペーン」として2010年1月14日より展開しています。

「チャレンジ25キャンペーン」は、これまでの地球温暖化防止活動である「チーム・マイナス6%」 から、よりCO2削減に向けた運動へと生まれ変わった活動になります。 オフィスや家庭などにおいて実践できるCO2削減対策を「6つのチャレンジ」として掲げ、その行動の実践を広く皆様によびかけて参ります。

COOL BIZ (クール・ビズ)

地球温暖化防止運動の一環として、「COOLBIZ(クール・ビズ)」を実施します。 具体的には、夏季の間に涼しく効率的に働ける軽装、NOネクタイ、NO上着の推奨を実施し、CO2排出削減に取り組みます。

資源利用

当社では、リサイクル活動の一環として、資源利用に取り組んでいます。 具体的には、一度使用したコピー用紙を社内のメモ用紙として利用したり、再利用可能紙と不可能紙を分別して紙収集業者に引き渡す等を行っています。

ゴミの分別収集

各地域の指導に合わせ、分別ゴミ毎に専用の収集箱を設置し、積極的にゴミの分別収集を行っています。


良き企業市民・社会貢献

教育活動への参加

ソフトウェア開発の体験などを通じて、次代を担う世代の方々にIT業界の理解を深めてもらいたいと考えています。

ハノイ工科大学ITSS教育能力強化プロジェクト

ベトナムへの支援内容を纏めたハノイ工科大学ITSS教育能力強化プロジェクト
このプロジェクトは、ベトナムにおけるブリッジSE(日本とベトナムのIT企業を結ぶ架け橋)を
育成することが期待されています。


PageTop